らすた-TOWN (京都編)

リクルートライフスタイル様は、ちょっとした発見や楽しみのある日常、ひとりひとりの生活を豊かにするサービス「じゃらん」「ホットペッパー グルメ」「ホットペッパービューティー」「ポンパレモール」など、旅行・飲食・美容・ショッピングといったひとりひとりの生活にかかわる全ての領域において、笑顔に満ち溢れるサービスを展開していらっしゃいます。
リクルートライフスタイル様では、世の中に役立つサービスを生み出していくために従業員の多様な働き方を推進しています。本プロジェクトではオフィス空間における「働き方改革」の実現をめざし、理想の姿を描いたプロジェクトコンセプトを策定。
そのコンセプトに基づき、全国各地のオフィスに展開していきました。今回は代表的なオフィスデザインを紹介します。

【らすた-TOWN 拠点編】
都道府県それぞれの良さを活かし、地域に根付いた表現をしています。
京都編:古都七色(ことなないろ)


CLIENT株式会社リクルートライフスタイル
PROJECTコミュニケーションデザイン、空間デザイン、プロジェクトマネジメント、オフィス運用管理支援
AREA京都府 京都三井ビルディング 8階
FLOOR SPACE112坪
PLANNING MANAGER土井悠(ws+design)
DESIGNER平野摩耶(ws+design)
PLANNER隈部麻子(ws+design)
PROJECT MANAGER芳賀直樹(FRS)、藤田祥子(FRS)、横井有加(FRS)
CONSTRUCTION MANAGER安倍直樹(コスモスモア)ほか
WEB SITEhttp://www.recruit-lifestyle.co.jp/

photo by Takashi Hashimoto write by asuka

POINT OF VIEW

らすた-TOWN

リクルートライフスタイルの町づくりを目指した、究極の働き方改革を実施。

リクルートライフスタイルの町づくりを目指した、究極の働き方改革を実施。</p>

SOLUTIONS

CONCEPT

【らすた-TOWN】
”広がる未来のコミュニケーションを創造する”

家、学校、職場、お店、公園など
町には、人とのつながりをコミュニケートする
「もの」・「コト」がいっぱいある。
そんな、ざわめき、賑わう町に見立てた
リクルートライフスタイルのオフィス作り

リクルート 働き方,リクルート オフィス,女性 職場

CONCEPT WORK

代表へのトップインタビューからスタートした
コンセプトの策定。
事業領域責任者13名へのヒアリングと
全国マネージャーアンケートなどを実施して
リクルートライフスタイルらしさを追求しました。

リクルート 働き方,リクルート オフィス,女性 職場

CONTENTS

業務や会議の内容をレビューして
新たに生み出した、目的型空間。
その名も ”らすたSpot”!
全45種類のらすたSpotを
現在10拠点328個のエリアにインストール済みです。

MERIHARI-Spot

古来より色彩を重んじてきた京の街。
彩り豊かな空間に調和するのは
会議形態が豊富に選べる"めりはりSpot"。
機能美を表現した会議室です。

MERIHARI-Spot

話し手と聞き手とまとめ役。
同じ会議の中でも役割分担がある時は
自由にレイアウトを操れる"めりはりSpot"が効果的。
ボタン1つでテーブルの上下昇降が可能です。

MERIHARI-Spot

「私はこう思います!」
白熱した会議は全員で立ち上がる"めりはりSpot"。
テーブル越しに前のめりになり
個人の意見が伝えやすい環境が生まれます。

MERIHARI-Spot

「こちらに注目!」
中央にの可動間仕切りを開けると
大会議室に早変わりする"めりはりSpot"。
モニターを見ながら最大20名で打合せができます。

WANINARU-Spot

人数が多くてもみんなの顔を見て
一体感を味わえる"和になるSpot"。
楕円形のテーブルが輪づくりを促し
チーム力を引き上げます。

SMART-Spot

素早く敏速な会議ができて
機能性が抜群な"スマートSpot"。
江戸時代より朝廷に伝わる「深紫(こきむらさき)」の部屋は
全国各地とのTV会議で京都らしさを発揮します。

TATAMI-Spot

「ゆったり深々話したい!」
和やかな気持ちで会話ができる"たたみSpot"。
京都の羽織に使われてきた美しい「臙脂(えんじ)」の空間。
鮮やかな深い朱色に囲まれて、深い話に明け暮れそう。

FAMIRES-Spot

「30分だけ確認したい!」
気軽に使いやすい”ファミレスSpot”。
ちょっとした確認やプロジェクトの報告を
リラックスした状態で打合せする事ができます。

SHUTYU-Spot

廊下に面して1人になれる
見える化された"集中Spot"。
目の前のホワイトボードは個人用アイテム。
タスクを書き出し無駄のない時間を促します。

ATSUMARU-Spot

慌ただしい朝やちょっとした時間に
活用したいのが"集まるSpot"。
壁も天板もホワイトボード仕様なので
思い立ったらすぐにメモを書き留められます。

つながる-Monitor

全国各地の情報が繋がる"つながるMonitor"。
人が集まる動線上にモニターを設置し
見やすい環境を作ります。
地域は違えど会社の一体感を生み出します。

Entrance

京都オフィスのエントランス。
日本地図には大きく拠点の場所をうたい
和菓子色の壁と和紙のペンダントライトで
京都らしさを彩ります。